投資信託解約のススメ

投資信託で分配金生活?積立?手数料狙いの証券会社に騙されてはいけません!!もっと儲かる手段がありますよ!!

*

投資信託解約のススメ TOP

投資信託って気になってるけど実際どうなの?って人、何気に多いんじゃないでしょうか。

私はコツコツ積立てて分配金生活とか良さそうだなと思い、色々と調べてみたクチなんですが、調べてると、

・投資信託って何でこんなにたくさん種類があるんだ?
・しかもポートフォリオの中身は殆ど同じ感じじゃない?
・もしかして証券会社って手数料で稼ぐ事しか考えてない?

という印象を受けました。

私は最終的に、「投資信託より株の方がいいじゃん」ってところに行き着いたわけですが、「投資信託」に関して分かりやすく書かれているブログが少ないなと思ったので、当サイト「投資信託解約のススメ」を作る事にしました。

投資信託に関心を持たれた方や手持ちの資金を上手く増やす方法を探されている方などに読んでみて貰えたらと思います。

そもそも投資信託とは?

投資信託に関して何も分からなければ始まる話も始まらないと思うので、「そもそも投資信託とは?」から書かせてもらいますが、投資信託(ファンド)というのは、投資信託協会のホームページで「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」と書かれています。

つまり簡単に言うと、

購入してくれたら代わりに運用するよ~
利益に応じて分配金が出るよ~
運用の専門家に任せて~

って感じですかね。

投資信託(ファンド)は金融商品と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

それで、この投資信託(ファンド)という名の金融商品を作り運用の指図をする機関「投資信託運用会社」と、販売を行う「販売会社」があるわけですが、

「販売会社」は主に証券会社、銀行、郵便局などで、

「運用会社」は、

・野村アセットマネジメント株式会社
・三菱UFJ投信株式会社
・大和証券投資信託委託株式会社
・日興アセットマネジメント株式会社
・三井住友アセットマネジメント

など、まだまだありますが、証券会社などが運用会社を作っているという感じですね。

それで何でこの多くの会社は「投資信託(ファンド)」という金融商品を販売するのか、って事です。

投資信託(ファンド)を販売して証券会社や銀行が得ているものは?

そうです手数料です。

運用会社、販売会社からすれば「顧客の資産形成をサポートする」「定年後の生活へ向けた資産形成をサポートする」「貯蓄から投資へ」みたいなテイかと思いますが、

良く考えてみて下さい。

手数料商売なのに定年後の生活とかをしっかり考えてくれると思いますか?

販売してしまえば後はどうなっても関係ないっていうのが手数料商売の世界だと思いませんか?

元本保証もなく、運用会社が失敗して損失を出そうとも、手数料だけは持っていかれる、それなら自分で株やった方がマシなんじゃ?って感じですね。

投資信託の種類や仕組みについて

私は投資信託に関心を持ち種類や仕組みについて色々と調べてみましたが、

・株式投資信託
・公社債投資信託
・単位型
・追加型
・国内
・海外
・内外
・為替ヘッジの有無
・分配(決算頻度)
・国内投資信託
・外国投資信託
・上場投資信託(ETF)
・上場投資証券(ETN)
・不動産投信(J-REIT)
・MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
・MMF(マネー・マネジメント・ファンド)
・CP(コマーシャルペーパー)
・CD(譲渡性預金)
・ブルベアファンド
・REITファンド
・コモディティファンド
・インデックス運用
・アクティブ運用
・トップダウン
・ボトムアップ
・グロース型
・バリュー型
・価格変動リスク
・金利変動リスク
・為替変動リスク
・債務支払不能リスク
・ベンチマーク

まず用語の意味などから勉強しなくてはいけなかったりで、わざとややこしい感じにしてるんじゃないのか?と凄くイライラしました(笑)

運用のプロに任せるだけならあまり勉強しなくてもいいのかなと思ってましたが、結局のところ勉強しないと「どれがいいんだ!」「良く分からないぞ!」って事になるので、損をしない為には知識を身に付ける必要があります。

何だ、

どうせ勉強するなら、

勉強して手数料取られるぐらいなら、

自分で勉強して株やった方がいいじゃん!って感じですよね。

初心者向けの投資信託は?

投資信託を始めようとする初心者の方は、たぶんネットで「投資信託 初心者 おすすめ」「投資信託 おすすめ 2015」などで検索したりするかと思いますが、例えば検索してみて

・eMAXIS全世界株式インデックス
・eMAXISバランス(8資産均等型)
・SBI資産設計オープン(資産成長型)愛称:スゴ6
・楽天グローバル・バランス(成長型)愛称:豊饒の木
・SMTグローバル株式インデックスオープン
・外国株式インデックスe
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンド
・SMT 新興国株式インデックスオープン
・年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・ニッセイ日経225インデックスファンド
・eMAXIS 日経225インデックス
・SMT TOPIXインデックスオープン
・日本株式インデックスe
・eMAXIS TOPIXインデックス
・SMTグローバル債券インデックスオープン
・世界国債インデックスファンド(年1回決算型)
・eMAXIS 先進国債券インデックス
・外国債券インデックスe
・SMT 新興国債券インデックス・オープン
・年金積立インデックスファンド 海外新興国(エマージング)債券
・SMT グローバルREITインデックス

などがおすすめですと出てきたとして、

[投資対象]や[基準価格]や[純資産額]や[分配金]や[販売手数料]や[信託報酬]や[トータルリターン1年]や[トータルリターン3年]や[トータルリターン5年]などを見て、どの投資信託が良さそうだと判断出来そうですか?

騰落率で見るとこっちの方が良さそうなのに、何でこっちの方がランキング上位なんだろ?何でこっちの方がおすすめなんだろ?でもおすすめされてるしこれを買えばいいのかな?って感じになってくると思います。

おすすめされている商品は、結局のところ、販売手数料が高かったり、ノーロード(販売手数料ゼロ)なら運用管理手数料(=信託報酬)が高かったりと、売り手にとっておすすめの商品だったりするので注意しましょう。

私は投資信託と株と、どちらも勉強しましたが、投資信託の方が仕組みを理解しにくく、難しいと感じました。

「投資信託は初心者向け」というイメージがありましたが、今では凄く経験者向けだなと思っています。

わけが分からないまま投資信託を買うぐらいなら、業績や事業内容を見て、どんな会社か分かった上で変える株の方が本当にいいと思います。

投資信託の分配金・利回りは見せかけ?

私は色々と勉強してみて、投資信託にはプロが仕掛けた巧妙な罠がたくさん隠されているなという印象を受けました。

銀行に預けているよりは良さそうだなとか、分配金生活とか良さそうだなとか、何も知らずに甘い考えでいると、得するどころか損をする事になりかねないので気を付けましょう。

毎月分配金があって利回り10%以上?何それ銀行に預けてるのアホらしいじゃん!投資信託にしよう!なんて単純に思ってしまってはいけません。

利回りが高いって事は、それだけリスクも高いって事ですし、利回りは上昇した場合と下落した場合とで違ってきます。

上昇した場合の利回り計算式は[1年間の合計分配額]÷[1年前の基準価格]ですが、下落した場合の利回り計算式は([1年間の合計分配金]-[基準価格の下落分])÷[1年前の基準価格]となります。

さすがに利回りがマイナスなんてことはそうないと思いますが、利回りの計算式や正しい見方が良く分からない人はプロが仕掛けた巧妙な罠に嵌り易いんじゃないかなと思うので、手数料商売の投資信託とかやめておいた方がいいと思います。

投資信託はぶっちゃけ玉石混淆なので、「分配の健全率」や「分配可能月数」など、他にも色々ありますが、良し悪しを見極められる知識がないなら手を出さない方がいいと思います。

投資信託は分配金ランキングを見て選ぶ?

投資信託の選び方まとめ

投資信託のメリットとリスク

投資信託の売り時と買い時

投資信託での損失や損益計算について

投資信託の税金や確定申告について

 ページトップへ